店舗良い LAURA ASHLEY ローラ アシュレイ ※ラッピング ※ N0538600 通園バッグ Highland check

LAURA ASHLEY (ローラ アシュレイ) 通園バッグ Highland check N0538600

ASHLEY,(ローラ,Highland,blueachieve.com,/Bostonian561048.html,check,シューズ&バッグ , キッズ・ベビー , キッズバッグ・財布,N0538600,アシュレイ),LAURA,通園バッグ,3308円 ASHLEY,(ローラ,Highland,blueachieve.com,/Bostonian561048.html,check,シューズ&バッグ , キッズ・ベビー , キッズバッグ・財布,N0538600,アシュレイ),LAURA,通園バッグ,3308円 3308円 LAURA ASHLEY (ローラ アシュレイ) 通園バッグ Highland check N0538600 シューズ&バッグ キッズ・ベビー キッズバッグ・財布 店舗良い LAURA ASHLEY ローラ アシュレイ N0538600 通園バッグ Highland check 3308円 LAURA ASHLEY (ローラ アシュレイ) 通園バッグ Highland check N0538600 シューズ&バッグ キッズ・ベビー キッズバッグ・財布 店舗良い LAURA ASHLEY ローラ アシュレイ N0538600 通園バッグ Highland check

3308円

LAURA ASHLEY (ローラ アシュレイ) 通園バッグ Highland check N0538600





■商品の特長

STORY
「ローラ アシュレイ」ブランドの創業者であるローラ・アシュレイは夫と共に、1953年に英国ロンドンの自宅で、ローラのデザインによるオリジナルテキスタイルのプリント事業を始めました。現在では世界20カ国以上で展開されるライフスタイルブランドへと成長を遂げ、ローラの世界観は世界中のファンを魅了し続けています。
トレンドと一線を画した古きよき英国の文化や、ローラが幼少期に過ごしたウェールズでの自然からのインスピレーション。上品でタイムレスな魅力を放つ、ローラ独自の世界観を表現したキッズ・ベビーアイテムを展開します。

1.LAURA ASHLEYの生地を使用した、汚れに強い丈夫なビニールコーティング生地
LAURA ASHLEYの生地を使用し表面に水を通さないビニールコーティングを施しました。エナメルのパイピングで耐久性もUPです。

2.ショルダーベルトは取り外しOK
ショルダーベルトは長さ調節・取り外しが可能。用途に合わせて手持ちもできる2WAYタイプです。

3.LAURA ASHLEYのブランドロゴが入ったネームホルダー付き
お子様のプライバシーを配慮しネームホルダーは背面に。タテ約5cm×ヨコ約6cmサイズのネームカードが付属しています。

4.子どもが使いやすい工夫がいっぱい
出し入れがしやすいようにファスナーはやや外側に配置。お弁当を固定できる便利なゴムバンド付き。

5.安心して毎日お使い頂ける、徹底した品質管理
生地の調達・加工・製造から縫製、検品に至るまですべてを自社の徹底した品質管理のもと全アイテムの製造に取り組んでいます。


本製品のホームページ上への掲載には、ローラ アシュレイ本社の許諾およびページ内容の承認が必要です。
記載されている写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。
Manufactured by STYLISH Hamp;A INC. under license from Laura Ashley Brands.


メーカーによる説明

LAURA ASHLEY (ローラ アシュレイ) 通園バッグ Highland check N0538600

')

<title>店舗良い LAURA ASHLEY ローラ アシュレイ N0538600 通園バッグ Highland check " name="keywords"/> " name="description"/>
English

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

自然科学研究機構

総合研究大学院大学

大学連携
バイオバックアップ
プロジェクト

調達関連情報